9576475a41c555aa3fc53370e8ecfbb4.png

<ライアーと音楽>

🐸4歳でオルガン、そしてピアノを始めました。そして音楽中学校(ピアノ専攻)に入学しました。

ライアーは、2000年に青木由有子さんのCDで知りました。その後すぐにフランスでゲルトナー・ライアーを手にすることになりました。

スザンネ・ハインツ主宰のミュンヘン・南ドイツ・ライアー・オーケストラで第2パートリーダーを務め、スザンネの推薦により、パリ・アトリエを開講しました。

録画中のようす

<ダンスと運動・表現>

🐸高校までクラシック・バレエを習っていました。その後、日本とフランスにて合気道を習っていううちに、武道と音楽そしてフランスの歴史が融合したようなバロック・ダンスに心惹かれるようになりました。そしてクリスティヌ・ベルやアナ・イェペスなどに師事しました。

そのうち私は、情緒あふれる古楽の美しい音楽が何か療法に役立てられないかな。。と考えていたある年、イタリア・ルネサンス・ダンス研究家バーバラ・スパルティがパリにやって来ました。それは衝撃的な出会いでした。すぐに当時の振付家が残したグリエルモ・ペーザロ(エブレオ)やドメニコ・ダ・ピアチェンツァ、サントッチ、マルグリート・ドートリッシュのブリュッセル写本などの古文書や楽譜を読みあさりました。そこにはまさに療法につながるような内容が散りばめられていました。

いてもたってもいられず、2014年から5年間、イタリアに拠点を移し、フランスや日本を往復しました。私は単に療法に取り入れるのではなく、その国の文化や精神も知りたかったのです。ブルーナ・ゴンドーニやマルコ・べンドーニなどに師事し、フランカランチのスタイルも学びました。またイタリアでは多くの舞台に出演させていただきました。

 

ちなみにクラシック・バレエは、ルネサンス・ダンスを経て、バロック期に生まれたこのバロック・ダンスから生まれました。フランスの王ルイ14世の時代に王立音楽アカデミーが設立され、現在のパリ・オペラ座になっていきました。

現在は、音楽、言葉に動作。。体操、ダンスを取り入れ、3つを組み合わせた療法をおこなっております。

Ferrara4.jpg

15世紀ルネサンス・ダンス、フェラーラのコンクールにて。

<療 法>

 

🐸 私はフランスに縁あって20年以上生活をしていました。そして長い間、芸術と精神の病との接点を探っていました。最初ナント大学の音楽療法科に入学したのですが、1年後にパリ・ソルボンヌ大学の教育的心理・芸術療法科に移りました。他の芸術を使った療法や療法士と出会いたかったからです。大学は6区のサンジェルマン教会のすぐ近くにあります。個性あふれる心理師や精神科医師との出会いも多くあり、14区のサンタンヌ精神病院は絵画療法などの芸術療法が活発で、多くの学びがあり、大変興味深いものでした。

 

フランス音楽療法会長&ナント大学教授で音楽療法士のフランソワ=グザヴィエ・ヴレ(François-Xavier Vrait)、臨床心理士・音楽療法士そしてソルボンヌ大学教授のエディト・ルクール(Edith Lecourt)、精神分析医でダンス療法士のフランス・スコット・ビルマン(France Scotte Billman)との出会いは、現在の仕事に大きく影響を与えてくれて、現在も学会などで交流をさせていただいております。

Therapie3Inked.jpg

ヒヒ~ン!馬も黙る厳寒の馬療法。

持ってるだけじゃジャンベは鳴らないよ。横の女子がウズウズしてる!

TherapieInked.jpg
Therapie2Inked.jpg

​名画が生まれる瞬間さ!

<持ちもの>

🐸教員免許(中学・高校の音楽)

🐸フランス国家登録音楽療法士(FFM)認定資格取得
🐸日本芸術療法認定療法士(JSPEA)認定資格取得

🐸日本音楽療法学会会員

🐸運転免許、合気道三段、ワンコ1匹、ネコ1匹、かえるのピクルスぬいぐるみ多数

<足あと🐾>

パリ・ソルボンヌ第5大学(パリ・デカルト)教育心理学科 芸術療法/音楽療法
パリ・エコール・ノルマル音楽専門学校声楽科
東京二期会オペラ研究所
尚美学園・コンセルバトワール尚美声楽科
国立音楽大学教育科
国立音楽大学付属音楽中学校、音楽高等学校ピアノ科
東京生まれ、熊本と東京育ち。

 

<音楽・心理療法お仕事やボランティア>

2015年 世界ライアー・カンフェランス(北アメリカ・デトロイト)ワークショップ指導 ⇒

2011年~ NPO法人日仏芸術と健康の会設立(旧Tokyo芸術と健康の会)⇒

2011年~ アトリエ・ベル開講 (東京)

2009年 シャトゥー障害児施設(フランス郊外・シャトゥー)
2009年 イタ・ヴェクマン・クリニック(アルレスハイム病院)精神科(スイス・アルレスハイム)

2009年 ルーカス・クリニック緩和ケア科(スイス・ゾーリンゲン)

2009年 順天堂大学病院小児科(東京都文京区)

2008年 逸見病院精神科(東京都東村山市)

2008年 エラン総合病院・統合失調症作業グループ(フランス・パリ郊外コロンブ)

2008年 アンドル地方シャトールー総合病院小児精神科・アトリエ(中央フランス・シャトールー)

2007年 ドフィネル障害児施設(フランス・パリ郊外・コロンブ)

2006年~パリ・アトリエ開講(パリ)

<書いたり描いたり>

2020年:看護士雑誌「クリニカル・スタディ」 8月号:音楽療法、ダンス療法概要とエピソード

2020年:看護士雑誌「クリニカル・スタディ」7月号:芸術療法エピソード&挿し絵

2016年 : 第10回日本医療音楽研究学会(Umin)「完全5度音程と境界性人格障害へのアプローチ」

2008年 : ソルボンヌ大学卒業論文「ウィリアム・ボイレン症候群(ウィリアム症候群)の子供たちへの音楽療法」

<弾いたり踊ったり>

 

🌷2019年4月『ルネサンス音楽de美と雅の舞踊』主宰。監修、振付、作曲、演出、ダンス(紀尾井ホール)

🌷2018年10月『ルネサンス音楽de美と雅の舞踊』主宰。監修、振付、演出、作曲、ダンス(東京・明日館)

🌷2018年9月『チェザーレ・ネグリ研究学会』16世紀ルネサンスダンス、ライアー演奏(ミラノ・スフォルツァ宮殿)主宰:C.ジェルメッティ、音楽監督:E.ベッツィ、演出:B.ゴンドーニ

🌷2018年『歓びたい人は、そうしなさい』15世紀ルネサンスダンス (ミラノ・コローニョ市劇場)

主宰:C.ジェルメッティ

🌷2017年『フェラーラ・ルネサンスダンス・コンクール』個人特別賞受賞、グループ優勝。15世紀ルネサンスダンス、ライアー演奏(イタリア、フェラーラ・国立考古学博物館)

 

🌷2017年『中世音楽ダンス&15世紀ルネサンスダンス』 (モンテフィオーレ・コンカ城) 

主宰、振付、演出:E.サバティーニ

🌷2017年『ラ・ペッレグリーナ』悪魔・ドラゴン・アポロン役(ペーザロ市内劇場)

振付:A.フランカランチ、M.ベンドーニ、B.ゴンドーニ

🌷2017年『野中元右衛門慰霊祭のレクイエム』ライアー演奏(パリ、ペール・ラシェーズ墓地ホール)

🌷2016年​『ラ・ペッレグリーナ』悪魔・ドラゴン役(グラダナ市内劇場)

振付:A.フランカランチ、M.ベンドーニ、B.ゴンドーニ

🌷2015年 Youtubeでライアー演奏動画を作りはじめる​​

🌷2014年『パリ18区ダンス祭』 バロック・ダンス(フランス、パリ18区民ホール)監修:A. ブラン​