top of page
snapshot218_edited.jpg

ライアー
独自のメソッドで、
耳とこころに語りかけながら、
1音1音大切に。。

自分で自分を癒す
​ステキな時を

​本当のご自分の音色に
​出会いませんか?​

 

Akiyo(ランベール甲斐 あきよ)

パリに30年近く在住、最近は東京を往復している。音楽指導は40年。YouTubeや舞台での音色に惹かれた人たちが、日本は元より、アジア圏や北アフリカ圏からも来所。世界ライアー大会では教師を務め、フランス、ドイツ、アメリカなどのライアーワークショップにて教鞭を取る。20年以上かけて、ヨーロッパのライアー制作者ホーランド・ゲルトナーのライアーテクニックやエレナ・ポロンスカのハープテクニックを基礎とし、既存とは違った、演奏楽器としての独自のAkiyoライアーメソッドを発見し、教育システム化する。またスペインやフランスで古楽を学び、バッハなどの演奏に生かしている。2005年にパリ・アトリエにてライアーを教え始める。ソルボン大学の元、R.シュタイナー本部ゲーテアヌムの病院でライアーを含む音楽療法を学び、2011年に、NPO法人と東京・アトリエを開き、現在は、Akiyoライアーメソッドに添った教育とフランスやスイスの音楽療法としての楽器の意味を考えながら、初心者からプロ演奏家や教師を育てている。

東京二期会オペラスタジオ所属後、ソプラノ歌手として多くの舞台に立ち、テレビやCMなどにも出演していたが、1998年、膠原病の初期症 状が出始め、余儀なく休養。青木由有子さんのライアーに出会い、2000年よりフランスでライアーを弾き始める。スザンネ・ハインツ主宰のミュンヘン・ライアーオーケストラ所属、パートリーダーを担い、またスザンネとデュオ・コンサートに多数出演。ソロは、フランス国立図書館大ホール、ミラノ・スフォルツァ宮殿、フェラーラ考古学博物館ホール、パリ・ペール・ラシェーズでの式典などで演奏。2023年よりコンサートを再開、松本記念音楽迎賓館『森ネコの妖精』で作詞・作曲・演奏。

​<学校>

・国立音楽大学付属音楽中学高校ピアノ科から国立音楽大学教育科卒業
・コンセルバトワール尚美声楽科ディプロマ取得、卒業

・パリ・エコール・ノルマル音楽学校声楽科演奏家ディプロマ取得、卒業

・東京二期会オペラ研究所

・ゼン・ヒラノ・アクティング・スクール

・南ドイツ・ミュンヘン・ライアーオーケストラ、パートリーダー

・ソルボンヌ、パリ・デカルト第5(医薬)大学心理学科、芸術・音楽療法ディプロマ取得、卒業

ーーーーーーー

<現在>

・フランス国家登録音楽療法士

・公認心理師​(日本・国家資格)

・日本音楽療法認定音楽療法士

・日本催眠医学心理学会

・米国催眠療法士NGH

・コンセルC会員(東京芸術大学中村浩子フランス音楽声楽研究会

・JASRAC

・NPOフランス心理音楽療法協会主宰

・音楽アトリエ・ベル主宰

ーーーーーーーー

<ルドルフ・シュタイナー関係でライアーを使った仕事やインターン>

・イタ・ヴェクマン・クリニック精神科(R.シュタイナー本部ゲーテアヌム病院)

ヨハネス・クリニック緩和ケア(R.シュタイナー本部ゲーテアヌム病院

・シャトゥー知的障害児施設(パリ近郊)

Akiyo LambertKai


Akiyo has lived in Paris for nearly 30 years and now travels between Paris and Tokyo. With 40 years of experience in music instruction, Akiyo attracts people from Japan, as well as other parts of Asia and North Africa, who are captivated by her lyre's sounds on YouTube and stage performances. She serves as an instructor at the World Lyre Conferences and has taught lyre workshops in France, Germany, and the United States. Her unique Akiyo Lyre Method, which is different from traditional techniques. Based on the lyre technique of lyre creator Holland Gärtner and the harp technique of Elena Polonska, Akiyo discovered and systemized her original lyre method as a performance instrument on the stage that is different from existing ones. She also studied early music in Spain and France, which she utilizes in her performances of Bach and other works. In 2005, Akiyo began teaching lyre at the Paris Atelier. And opened an NPO and a Tokyo studio in 2011. She now trains beginners, professional performers, and teachers in the Akiyo Lyre Method, considering the instrument's significance in music therapy.

After singing the Tokyo Nikikai Opera Studio, she appeared on many stages as a soprano singer and appeared on TV and commercials, but in 1998, she began to develop early symptoms of collagen disease and was forced to take a break. She discovered Yuko Aoki's lyre and began playing it in France. In 2004, she became a member of the Munich Lyre Orchestra, led by Susanne Heinz, as a part-leader, and also appeared in many duo concerts with Susanne. She performed solo at ceremonies at the Grand Hall of the National Library of France, Palazzo Sforza in Milan, and Père Lachaise in Paris. She has concerts from 2023, performing at the Matsumoto Memorial Music Guest House "Fairy Forest Cat."


-----------

<Akiyo's work career using lyre> 
◎ Ita Wegman Clinic and Johannes Clinic Hospital, both located near the Goetheanum headquarters in Doornach

◎ Assistant music therapist at the Chatou Children's Facility for Intellectually Disabled Children near Paris.

 

-----------

・French nationally registered music therapist (FFM)

Japanese Certified Public Pychologist (CPP)

・Japanese Music Therapy Certified Music Therapist (JMTA)

・Japanese Society of Hypnosis and Medical Psychology

・American hypnotherapist NGH

・Concert C (Menmber of Tokyo University of the Arts, Hiroko Nakamura French Music and Vocal Research Group) ・JASRAC (Composor)

・Director of the NPO French Psycho-music Therapy Association

・Director Music Atelier Bell

-----------

パリ11区コンセルバトワールで、ライアーを弾く私。
このライアーケースは、猫のベッド。丸い背中にぴったりよ。

​<ライアーレッスン>

◎ 世界にライアーの教授法や学習システムがないことに疑問を持ち、長年、精査や考察し、独自のライアー・メソッドを確立させました。この楽器がどこまで演奏楽器としてのポテンシャルがあるかを考えながら弾いていきます。詳細はこちら⇒

​ーーーーーーーー

アトリエ・ベルは、一次予防(病気にならないように予防すること)を念頭に、細く長くご自分でご自身を癒せるような、そんな力を育てる指導を心がけております。ご自身の心の変化や気づきの先に、音楽テクニック、上達や解釈、そしてパフォーマンスがあると考えております。

bottom of page