ライアーのこと

 

<ライアーのなまえ> 

独語 Leier「ライアー」 

仏語 Lyre「リール」
英語 Lyre「ライアー」 

ラテン語 Lyra「リラ」
 
日本語では、「ライアー」と名付けています。

「竪琴」とも訳します 。

 

 <楽器としての竪琴>

弓や矢、石ひじりや槍は遠くにいる動物を仕留めたり生き延びるための戦いに備えて、必要不可欠なものとして発達していきました。そういった長い歴史の間、はじく音を持ち、人の耳を刺激した弓は音楽の音色としてとらえられ、竪琴のような楽器として生まれてきたのでしょう。 

紀元前4,000年前のエジプト、紀元前3,000年のメソポタミアのシュメール人の竪琴の絵画などが残っているようです。


<ライアーの家族>

イスラエルのキノー(Kinnor)

アメリカの楽器ドゥルシメール(Dulcimer)

ハンガリーのCemblaon(チェンバロン)

アラブ諸国のSantoon(サントゥ―ン)Kanun(カヌン)

ドイツやオーストリアのZither(ツィター)

フィンランドのKantelet(カンテレ)

アフリカのNianiti(ニャニティ)Inanga(イナンガ)

ビルマのサウン・ガウ(Saung-Gauk)

世界中にいろいろな種類の竪琴(ライアー/リール/リラ)の家族が生まれています。

指で直接はじいたり、棒や羽でたたいたり、はじいたりして演奏します。

 

<ライアーの調弦>

432Hz(ヘルツ)のピッチに「ラ」=「A」の音で平均律に合わせます。

モーツァルトの時代の音楽は432Hzを基本に作曲されているようです。

ヴェルディも432Hzを推奨し「ヴェルディのA」と言われたということです。

<ライアーの音律>
 

一般的には平均律を使用しています。

個人的には中世音楽によく使われるピタゴラス音律を耳で合わせるのが好きです。

<調の自由なペンタトニック>

ペンタトニックは、「ペンタ」はラテン語で「5」を表します。

音楽理論では1オクターブ音階の5つの音で作られる音階を意味します。

これは大きく分けて陰音階と陽音階があります。

どの音から始まってもどの音で終っても許される性格を持っているのでメロディーが作りやすく、

即興しやすい特徴を持ち、童謡、ジャズなどでも使われています。

ちなみに陽音階は、障害児施設の療法でよく使っていました。

ーーーーーーーーーーーーーー

ヨーロッパの神話の中のライアー

​<ダビデの竪琴キノール>

キノールという竪琴は、ダビデがイスラエルの王サウルの前で弾いた楽器です。イスラエル国最大のガラリア湖(淡水)は、人々の飲料水として大切にされていました。この湖を上から見ると竪琴に似ていることからヘブライ語の「キノール」から由来して「キネレット湖」と呼ばているようです。竪琴は、国の代表する楽器であり、イスラエルのコインには、このキノーが刻印されています。

 <アポロンの竪琴>

アポロンは、オリンポスの12神のひとりです。ゼウスとレトの間に生まれました。アポロンは予言、医学、竪琴(ライアー)で音楽を奏で、弓矢、数学などに長ける、非常に知的で美男子な神でした。 この竪琴は亀の甲羅から作ったものでヘルメスがアポロンに贈ったものです。ふたりの出会いは、ヘルメスがアポロンの飼っていた牛を盗んだ事から始まるのです。アポロンは予言者でもあったので、ははぁ~ん!とすぐに犯人を見つけ出しめちゃくちゃ怒ります。

しかしヘルメスが、亀の竪琴をポロロ~ンと奏でるとアポロンはあっという間に上機嫌になり、怒っていたことをすっかり忘れてしまい許してしまいます。そしてヘルメスから竪琴を返してもらうと共に牛を譲り受けます。アポロンの方はヘルメスに竪琴のお礼として自分の大 切な杖を贈り、友好の絆を約束します。なんて人がいいのでしょう。。ちなみにこの杖は現在の医学のシンボルとなっています。(ヘルメス讃歌より)

<ダビデの竪琴>

ダビデDavidは、ユダのベツレヘムに8人兄弟の一番下として生まれました。大きくなると羊飼いとなり、どうもうな動物を鎮め羊を守りました。その頃、イスラエルの王サウルSaulのこころの病は日に日に重くなり苦しんでいました。サウルは ダビデが勇敢であり竪琴を自由に奏でられることを知り、彼の音楽に心の癒しを求めました。この物語はヨーロッパの音楽療法の起源のひとつとして大切に考えられています。

時代や宗教によってダビデの弾く楽器はシトールだったりハープだったりプサルテリオンであったりする絵画が残っています。のちにダビデはサウルが亡くなった後、イスラエルの王となっていくのです。(旧約聖書)

<オルフェウスの竪琴>

オルフェウスの竪琴はアポロンより譲り受けたものです。音楽の女神の1人カリオペを母に持つオルフェウスは歌を歌い、 竪琴を巧みに弾く吟遊詩人となります。そして森の精エウリディーチェを妻にします。彼の竪琴は人や動物、ありとあらゆ る自然の怒りも鎮めました。 しかしある日、妻エウリディーチェは毒蛇にかまれ、早く死んでしまいます。彼は黄泉の国に妻を 迎えに行き再会しこの世に連れ戻そうとします。オルフェウスと黄泉の国の神との約束は後ろからついて来ている妻を決して振り返らないという事でした。しかし!振り返ってしまいます。ああ。。そのため、エウリディーチェは再び黄泉の国に引き戻されてしまうという話です。(ギリシャ悲劇) 

<オペラの中の竪琴>

G.Caccini(カッチーニ)のオペラ「エウリディーチェ」は1600年に作曲されていますが、すぐ後に作曲された J.Peri(ペーリ)の「エウリディーチェ」が現存する最古のオペラとしてあつかわれます。発表が寸でのところで遅かったのですね。この物語では、ふたりは仲良くこの世に戻るというハッピーエンドとなっています。

18世紀には、グルックが甘美な旋律と情感があふれたハーモニーの3幕オペラを作曲しました。多分みなさまも一度はこのメロディーはお聴きになったことがあるかもしれません。