<音楽と演劇とわたし>

🐸冒頭のページでも掲載しましたが、小さい頃の私は自閉がひどくあまりにも喋らないためとうとう病院に連れられて行きました。そこで音楽を続けてねと言われ今に至っています。ピアノは4歳から始め、音のお友達がたくさんできました。父はジャズピアニストだったのですが私が音楽の道に進むのは反対していました。

声楽は少し遅く大学に入ってから始め、同時に二期会に入り、演劇をゼン・ヒラノでメソッド演技を学びました。パリ・エコール・ノルマル音楽学校に留学し、声楽のディプロマを取得したりコンクールに入賞したりしてフランスとのご縁ができました。専門はフランスものでフランス・オペラや近代歌曲、フランス・バロックを中心にジストニアになるまで歌っていました。
近年には中世音楽にも興味を持ち、スペインやドイツの中世音楽祭などでハープ専攻で様式を学びました。

<ライアーとわたし>

🐸ライアーは2000年に青木由有子さんのCDで知り、その後すぐにフランスでゲルトナー・ライアーを手にすることになりました。

S.ハインツが主宰するミュンヘン・南ドイツ・ライアー・オーケストラで第2パートリーダーを務め、そのあとパリの大学入学と共にライアー・アトリエを開講しました。

<ダンスとわたし>

🐸ダンスは高校くらいまでクラシック・バレエをやっていました。病弱な身体を鍛えるために合気道を習い、その延長で2010年よりフランスバロック・ダンスを始めました。 パリ最後のB.スパルティと出会いました。スパルティ・スタイルのイタリアン・ルネサンスダンスを直接学べたことは私の宝のひとつです。ルネサンス・ダンスがダンスセラピーに繋がることに強く心惹かれ、2014年から2019年までイタリアに拠点を移し、フランスや日本を往復しながらA.フランカランチのスタイルを学び、セラピー関係は、A.ポントレモリや古文書に影響を受けています。イタリアではたくさんの舞台に出演させていただきました。バレエも再開し、現在パリではクリスティヌ・ベルの元でバロックダンス再開、べル・ダンスに所属しています 。これらの経験は2018年と2019年の日本公演の主宰につながり、ダンスセラピー・身体表現への道となっており、フランスダンスセラピー学会の認定へと進んできております。
 

<フェラーラ国立考古学博物館 15世紀の衣装でバッサ・ダンツァ>

<療法のおべんきょう>

🐸初めはナント大学(医)で音楽療法を学んでいました。芸術全般の療法に興味がわき退学、ソルボンヌの芸術療法にやっとこ合格をしました。ソルボンヌではあらゆる種類の療法士との交流をしながら、いろいろな芸術~ダンス・身体表現・絵画・詩・演劇・工作などを実際に経験、臨床させてもらいました。そしておもしろく大変だったいろいろな国の精神科病院や緩和病院でのインターンや山積みのレポートの数々、それぞれの芸術の歴史、精神科、心理学、脳の構造など、たくさんのことが私の人生エキスになっていると思います。
 

<わたしのもちもの>

🐸教員免許(中学・高校の音楽

🐸フランス国家登録音楽療法士 学会(FFM)認定資格取得
この学会はフランス国内指定の4つの国立大学の音楽療法(芸術療法)または1つの指定専門大学を卒業かつ療法士として働く人だけが学会会員となります。現在は国家資格への指定を待つ 国家登録資格となっています。


🐸日本芸術療法認定療法士(JSPEA)認定資格取得
ステキな精神科医師たちが中心となっている私がとっても期待する学会です。

🐸その他:合気道3段、ワンコ1匹、かえるのピクルスが好き

<わたしの足あと早見表>


東京生まれ、熊本と東京育ち。

国立音楽大学付属音楽中学校ピアノ科、音楽高校ピアノ科

国立音楽大学教育科

尚美学園・コンセルバトワール尚美声楽科

東京二期会研究所

パリ・エコール・ノルマル音楽専門学校声楽科

ソルボンヌ大学(パリ第5大学)心理教育科(精神)・アートセラピー/ミュージックセラピー

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now